雑念エンタテインメント、気ままに書きます

「大企業」タグがついた投稿

アサイド

昔はベンチャーだった人たち

今はもう大企業と言われてもしかたないぐらい大きくなってしまったネット企業。昔は、24時間昼から翌朝まで働き、時間がずれたまま生活しているベンチャーだったと聞いている。属人的な部分が強く残り、一人で複数のプレイングマネージャになってた。それが今では、権力を守り、新しい時代をつくろうともせず、あぐらをかいている人たちばかりが目立つ。イノベーションなんかには興味がない。人を成長させる環境づくりも興味がない。

大きい会社は、勢いがあると思っても、実は歯車がうまく噛みあっておらず、空転している箇所がある。それは誰というわけではないが、昔、出来る人達は、企業が成長するに連れて、ポストも大きくなった。今では、つまらないミーティングや承認作業におわれ、よくわからないプロジェクトの責任を負うことだってある。

そんな管理職、いらない。

必要なのは、会社を大きくする管理職だ。現場の人が働きやすく、評価されやすい環境を作るべきだ。ガチガチにコストばかり気にして、仕事を作るのは反対だ。そこは非効率である部分を残すべきで、ドワンゴの川上さんも言っていたが、誰もがやらないことをあえてやることに価値がある。そう言ってた。ニコファーレだってそうだし、無駄なことにコストを使うことには、価値があるかもしれない。ないかもしれない。それはやってみて、軌道修正すればまだいい。勉強代としてみれば、額は小さい。かわいいものだ。

1円単位でコスト削減しても、結局、使えない人は使えないまま。コストを無駄に消費しているにしかすぎない人たち。残念だが、会社の仕組みは20:80(ニッパチの法則)で回っているのも事実。大切なことは、大きくなれば、見えなくなるもの。

志もいつかは、埃をかぶるもの。

たまに思い出すだけでもいい。我々は、ベンチャーだったことを。
今でも、大切な精神だけは忘れず管理職を全うしてほしい。会社を成長させること。人を作ること。そして働きやすいとみんなが手を挙げる職場を。

現場が思う時点で、すでに手遅れかもしれない。だが、まだ取り戻せる。
タブーと思っていることをまずはシェアしよう。そして破壊しよう。

我々の提供する価値はなにか。どこへ向かうべきなのか。顧客は何を望むのか。
手元の資金をどうやって使うか。効率だけが仕事じゃない。役割だけが仕事じゃない。

すべては、社会を変える仕事ができるかどうか。
世界中の人が、ワクワクするようなサービスを提供できるかどうか。
We can change the world sooner or later.

さあ、仕事、頑張ろう。