雑念エンタテインメント、気ままに書きます

「結婚」タグがついた投稿

課題とお福分け、結婚価値観

いくら考えても、前に進まない課題がある。

考えても、きりがない。同じところをぐるぐる回る。全体を見れば、それは本当に進んでいるのかどうか、分からないことに取り組んでいることに気付く。いや、気付いているけど、それを考えないことには、始まらない。前に進まないから取り組んでいるんだろう。

本当は、他の人と意見を交換できれば、もっと早く進む気がした。一人で考えるよりは、二人で話した方が近道になることが多い。

でも、今の仕事量を考えると、やらなければならない。期日までに求められる成果を出さなければならない。

できない、時間がない という理由は言い訳にしかすぎない。周りが求めているのは、期待以上の成果だと自分では思っている。相手がどこまでの水準を期待しているかは分からない。でも自分で制約を作りたくはない。周りが「相手はこんな答えまで求めていない、こちらがわの忙しさを理解してくれる」という甘い同意はしたくない。何事にもできる限り、対応したいと日頃は思っている。常に?かもしれない。

本当は、すんなり行けば2時間もあれば、足りるはずだったが、今週末で8時間ぐらい悩んでいた。仕事量としてみれば、非効率としか言いようがない。ほかにやるべきことがあるのだから、そっちをやれと言われてもしょうがない。自分でも自覚している案件である。

考えるということは、必ずしも、時間と等価の効率ではないと思った。常に1:1であるべきという状態ではない。企てるということは時間の掛かる作業なのだろう。自分を正当化しようとしているわけではないが、考えるというクリエイティブな作業は、思った以上に時間がかかることもあるし、ヒラメキによって、思った以上に早く片付くこともある。

 

 

■韓国旅行

HISの広告を見てて、韓国ソウル旅行に行きたいと思った。19800円/3日 安いなーと思って見てみたら、実は、極端に条件が悪い場合の最安値価格。朝一の早朝便か、夕方発の便。そして帰りは、早朝出発。あとホテルもエコノミーといいつつ、相当良くないんだろうなぁと。

それを改善するために、いくらかお金を払うと、結局いつもの29,800円〜39,800円になるわけですよ。いくらサーチャージが安くなったとはいえ。多少なりとも贅沢をしようとするか、時間を買うならば、お金が掛かるものですよね。

 

■ラジオ

お裾分けとお福分けというのがあるらしく、裾は切れ端を意味するので、目上の人が使う言葉。お福分けは、福を分けてもらう方が使う言葉。目下の人がへりくだって言う言い方らしい。なるほどなぁ。

 

■結婚届

知り合いが結婚届を提出していた。facebookで公開するのも時代なんだなーと。おめでとう。

なぜその日なのだろうかと、たどったら、いい夫婦の日だという。1123は、確かにいいね。なにかきっかけがあったり、験を担ぐというのは日本人らしい。好意的な意味で。

そういうのを見ると、自分も早く結婚しなきゃならないのかなーと焦る。みんな誰もがそうなんだと思うけど、自分は、焦るというよりも、もうちょっと遠いところから傍観している感じ。今日思ったのは、年を取るごとに、丸くなるという表現がまさにそうなのか。と感じた瞬間。

年を重ねる毎に、経験を重ね、色々な女性、男性とお付き合いを重ねるわけですよね。いい人間もいれば、悪い人間もいる。若い時は、相手のことを受け入れられる器が小さかったと思う。些細なことでイライラしたり、相手が当たり前の振る舞いだということすら、反発して、自分の世界が第一だった気がする。少なくとも25歳まではそうだったのかな。なんでも出来ると思い込んでたんだと思う。

今は違う。相手を立てることを重視するようになったし、周りを見れる器が広がったような気がする。だから多くの女性も受け入れられる気がするし、たいていの人とはうまく行きそうな気がする。(中には問題ある人もいるけどね)

年齢を重ねれば重ねるほど、ほどよい人間性が出るし、受け止める器も大きくなるのかなーと思いました。

急いでいるわけじゃないけど、自分も良きパートナーを見つけねば。明日も頑張ります。